関連リンク
 トップページ
 目次ページ
 模型:K27
 模型:K28
 模型:ロングカブース


最近の記事
 レイアウト近況
 扇形庫(6)
 扇形庫(5)
 扇形庫(4)
 扇形庫(3)
 扇形庫(2)
 扇形庫(1)
 見せるレイアウト(9)
 見せるレイアウト(8)
 見せるレイアウト(7)
 見せるレイアウト(6)
 見せるレイアウト(5)
 ターンテーブルは手動発電で
 ポイントを作る(2)
 ポイントを作る(1)
 レイアウトルームの整理
 ストラクチャーを作る
 水彩を描く(2)
 水彩を描く(1)
 天空ホテル建設(2)
 天空ホテル建設(1)
 ウレタンフォーム(2)
 ウレタンフォーム(1)
 断崖絶壁の岩場(4)
 車について
 鏡を設置する(3)
 スケールカードの事(2)
 断崖絶壁の岩場(3)
 スケールカードの事
 断崖絶壁の岩場(2)
 カブース三態
 ポイント更新(2)
 見せるレイアウト(5)
 ウエザリング(7)
 ウエザリング(6)
 Arttistaが届きました(2)
 Arttistaが届きました(1)
 ポイント更新(1)
 木造ターンテーブルを作る(12)
 木造ターンテーブルを作る(11)
 木造ターンテーブルを作る(10)
 木造ターンテーブルを作る(9)
 木造ターンテーブルを作る(8)
 木造ターンテーブルを作る(7)
 木造ターンテーブルを作る(6)
 木造ターンテーブルを作る(5)
 木造ターンテーブルを作る(4)
 木造ターンテーブルを作る(3)
 木造ターンテーブルを作る(2)
 木造ターンテーブルを作る(1)
 コンターマシン
 33‰に挑む
 ストラクチャー(5)
 ストラクチャー(4)
 ストラクチャー(3)
 ストラクチャー(2)
 ストラクチャー(1)
 JAMセクション(6)
 JAMセクション(5)
 JAMセクション(4)
 JAMセクション(3)
 JAMセクション(2)
 JAMセクション(1)
 100均フィギュア
 レストラン(1)
 ウェイトを作る
 トンネル切開
 C-21二態
 断崖絶壁の岩場
 レイアウトルームの片付け
 Gem Modelsってどこの模型屋さん?
 庫の窓枠(2)
 庫の窓枠(1)
 見せるレイアウト(4)
 見せるレイアウト(3)
 見せるレイアウト(2)
 見せるレイアウト(1)
 NJレイアウトで「ゆうづる」を走らせる。(2)
 NJレイアウトで「ゆうづる」を走らせる。(1)
 JAMブースに出展(6)
 JAMブースに出展(5)
 JAMブースに出展(4)
 JAMブースに出展(3)
 JAMブースに出展(2)
 JAMブースに出展(1)
 崖のつなぎ目(2)
 崖のつなぎ目(1)
 古い日本製ブラスロコを比べる(4)
 古い日本製ブラスロコを比べる(3)
 古い日本製ブラスロコを比べる(2)
 古い日本製ブラスロコを比べる(1)
 ウエザリング(5)
 ウエザリング(4)
 ウエザリング(3)
 ウエザリング(2)
 ウエザリング(1)
 橋脚部分の崖(4)
 橋脚部分の崖(3)
 橋脚部分の崖(2)
 橋脚部分の崖(1)
 35年越しの小田急9000(2)
 35年越しの小田急9000(1)
 秋実る
 フィギュア(2)
 フィギュア(1)
 テンホイラー(2)
 テンホイラー(1)
 ターンテーブル周り(4)
 ターンテーブル周り(3)
 ターンテーブル周り(2)
 ターンテーブル周り(1)
 岩を貼る(5)
 岩を貼る(4)
 岩を貼る(3)
 岩を貼る(2)
 岩を貼る(1)
 プラスターを溶く(3)
 プラスターを溶く(2)
 プラスターを溶く(1)
 崖を作る(3)
 崖を作る(2)
 崖を作る(1)
 K28の比較3態(2)
 K28の比較3態(1)
 9mmナローのセクションで砥の粉の地面を試す(3)
 9mmナローのセクションで砥の粉の地面を試す(2)
 9mmナローのセクションで砥の粉の地面を試す(1)
 メーカーズプレート(2)
 メーカーズプレート(1)
 庫を直す(4)
 庫を直す(3)
 庫を直す(2)
 庫を直す(1)
 K-27 2態(2)
 鏡を設置する(2)
 K-27 2態(1)
 4-4-0 2態(2)
 4-4-0 2態(1)
 側線移設(2)
 側線移設(1)
 作業台
 電動ノミで削る
 古い電関をいじる(3)
 古い電関をいじる(2)
 古い電関をいじる(1)
 隧道(6)
 隧道(5)
 隧道(4)
 隧道(3)
 隧道(2)
 隧道(1)
 バラスト(3)
 バラスト(2)
 バラスト(1)
 ゴーヤ実る
 鏡を設置する
 鏡を貼る
 絵を描く(2)
 絵を描く(1)
 道床作り(6)
 道床作り(5)
 道床作り(4)
 コダマのK-27を走らせる(3)
 コダマのK-27を走らせる(2)
 コダマのK-27を走らせる(1)
 D&RGW5564
 クロスを作る(2)
 クロスを作る(1)
 K-28 2態
 扇形庫(4)
 扇形庫(3)
 番外編 計画停電
 扇形庫(2)
 扇形庫(1)
 銅版画製作記(5)
 銅版画製作記(4)
 銅版画製作記(3)
 銅版画製作記(2)
 銅版画製作記(1)
 年越し運転(2)
 年越し運転(1)
 新春・番外編(熊に注意!!)
 デンバー物語(14)
 タンク車購入
 ストラクチャー製作2(駅舎)
 デンバー物語(13)
 ストラクチャー製作1(駅舎)
 ターンテーブル製作(6)
 デンバー物語(12)
 ターンテーブル製作(5)
 ターンテーブル製作(4)
 ターンテーブル製作(3)
 ターンテーブル製作(2)
 ターンテーブル製作
 デンバー物語(11)
 トラス橋製作(3)
 トラス橋製作(2)
 トラス橋製作
 デンバー物語(10)
 デンバー物語(9)
 デンバー物語(8)
 デンバー物語(7)
 地形素材
 デンバー物語(6)
 デンバー物語(5)
 デンバー物語(4)
 デンバー物語(3)
 デンバー物語(2)
 デンバー物語
 銅版画のこと
 車両紹介(4) C19 その2
 ラウンドハウスについて
 ポイントの改造
 ポイントの黒染め
 線路の黒染め
 新春・番外カメラ編
 新春・番外くるま編
 枕木について(3)
 枕木について(2)
 枕木について(1)
 道床作り(3)
 道床作り(2)
 道床作り(1)
 車両紹介(3) C&S
 車両紹介(2) C21
 車両紹介(1) C19
 レイアウト台枠番外編
 道床のカット
 レイアウトフレームについて
 構想、プラン、構造など
 50代からのレイアウト計画


過去の記事
  2017年11月(1)
  2017年10月(3)
  2017年9月(3)
  2017年8月(2)
  2017年5月(3)
  2017年4月(1)
  2017年3月(2)
  2017年1月(1)
  2016年11月(1)
  2016年10月(4)
  2016年9月(3)
  2016年8月(1)
  2016年7月(3)
  2016年6月(3)
  2016年5月(2)
  2016年4月(2)
  2016年3月(2)
  2016年1月(1)
  2015年12月(2)
  2015年11月(1)
  2015年10月(1)
  2015年9月(4)
  2015年8月(2)
  2015年7月(2)
  2015年5月(1)
  2015年3月(1)
  2014年11月(2)
  2014年10月(2)
  2014年9月(1)
  2014年8月(5)
  2014年7月(3)
  2014年6月(4)
  2014年5月(2)
  2014年2月(3)
  2014年1月(1)
  2013年12月(1)
  2013年11月(3)
  2013年8月(4)
  2013年7月(2)
  2013年6月(1)
  2013年5月(2)
  2013年4月(2)
  2013年3月(2)
  2013年2月(4)
  2013年1月(4)
  2012年12月(1)
  2012年11月(4)
  2012年10月(4)
  2012年9月(2)
  2012年8月(5)
  2012年7月(3)
  2012年6月(3)
  2012年5月(4)
  2012年4月(1)
  2012年3月(4)
  2012年2月(5)
  2012年1月(2)
  2011年12月(1)
  2011年11月(5)
  2011年10月(4)
  2011年9月(4)
  2011年8月(5)
  2011年7月(4)
  2011年6月(5)
  2011年5月(3)
  2011年4月(4)
  2011年3月(4)
  2011年2月(2)
  2011年1月(3)
  2010年12月(2)
  2010年11月(4)
  2010年10月(4)
  2010年9月(5)
  2010年8月(2)
  2010年7月(2)
  2010年6月(2)
  2010年5月(3)
  2010年4月(3)
  2010年3月(2)
  2010年2月(2)
  2010年1月(4)
  2009年12月(4)
  2009年11月(5)
  2009年10月(3)
  2009年9月(2)


 銅版画製作記(5) 2011年3月27日


今回の震災により日本国中が一変してしまいましたが皆さんはどの様にお過ごしでしょうか?
被災された方々には謹んでお見舞い申し上げます。

さて、「大人の休日レイアウト On3レイアウト製作記」などと大それた見出しをぶち上げた割には 「ちっとも進まないね?」としばしばご批判を頂きますが、まあこのルーズさも私の性分なんでしょうかね?
あっちへフラフラ、こっちへフラフラ、脱線したり遠回りしながら楽しんでおります。

銅版画製作記もレイアウト製作に直接関係ない労力ですが 東京は恵比寿の 「マール」というギャラリーで 5回めのグループ展に向けた作品製作の過程をご覧頂きたかったからです。
http://galeriemalle.jp/wp/wp-content/uploads/2011/02/kotenkoten.jpg

しかし開催が震災直後とあって急遽8月9日(火)〜14日(日)に延期させて頂きました。
作品の一つにちゃんとレイアウトも製作してました。



ナローゲージ専門誌「gazette」風のタッチです、
レイアウト製作へのモチベーションがアップできればと描きました。(SS)








 銅版画製作記(4) 2011年3月9日


インクは今の気候ですとちょっと固めなので銅板をパネルヒーターの上で暖めなから、 腐食した凹版の中に押し込む感覚で塗布します。
今回は黒い銅版画用油性インクを使用しましたがその中でもいろいろ種類があり用途ごとに使い分けてます。
真っ黒は深みがあり、青系の黒(青口)は機械などの静物に、 赤系の黒(赤口)は動物、 生き物など暖かみのある物に適していると思います。



ゴムローラーで凹部に詰め込んだら余分なインクを寒冷紗(荒い繊維の生地)で拭きます。
この時もヒーターで暖めると楽に行えます。



ざっと拭き取ったら今度は人絹などの細かい繊維の布で残りを拭き取ります。
完全に拭き取るのではなく腐食されていない部分にも僅かにインクが残る様にします。



さあ、拭き取りが終わったら印刷です。
拭き取った銅版を鉄板のベットの上にのせ、水で湿らせた版画紙を被せその上にフェルトを数枚被せます。
銅板の厚さによってプレス機のローラー圧を微調整します。 (SS)








 銅版画製作記(3) 2011年3月2日


グランドを塗布した銅板にイラストを描きます。
描くペンはニードルと言い、太さ、形はいろいろあります。
銅色が露出した部分を腐食液でさらに深くエッチングするわけです。



描き終わったらエッチング処理に移ります。
裏面は腐食する必要がないので私は安いカッティングシートを裏全体に貼ります。
このやり方は邪道かもしれません、本来は裏面を止めるための裏グランド液があるのですが 塗って乾かし剥がす手間を考えるとカッティングシートが確実で楽だからです。
さらにこのシートはくり返し利用出来ます。



次は腐食です。
古くは腐食液に硝酸を使いましたがガスが発生するため最近ではめっきり減っているそうです。
私は安全性が高い塩化第二鉄を使用しています、版画界では「ニテツ」と呼んでいるそうです。
表面を下に向け液に浸します、腐食時間は温度にも比例しますが今回は1時間行いました。 (SS)








 銅版画製作記(2) 2011年2月23日


グランド液の塗布
真っ黒な瓶の中身はグランド液と言い、腐食から銅板を守る皮膜液です。(写真技術でしたら乳剤にあたります)
「銅版画のテクニック 深澤幸雄著」(今でも美大では教材に使っているらしい)を見ますと 「石油缶の中にアスファルト、松ヤニ、白蝋を放り込み直火でグツグツ溶かしてペースト状にし、 火から下ろし熱いうちにホワイトガソリンを入れ液体グランドにする」とあります。
このレシピを見た瞬間、こりゃ危険すぎると思いましたが、 後で専門店に行ってみたら写真の様な瓶詰めが売られていました。



グランド液を塗布してみましょう。
下の写真は既にエッチングした版に加筆するため、もう一度グランド液を塗布しているところです。
グランド液の濃さはちょうど「醤油の濃さ」だそうで 日本人にはピンときますが500年前の人たちはどう表現してたのでしょうか?
表面張力のため、四隅には溢れず楽に塗布出来ます。 (写真技術ではフイルムにあたります)



余分なグランドは瓶に戻します。
この液はラッカーの様に速乾性ではなく温度を掛けてもベタつくだけです。
ですから全体にグランドを塗布したらしばらく放置し乾くのを待つしかありません。
この皮膜の微妙なベタベタ感が細いニードルで線を引いても皮膜が割れる事なく繊細に書けるのです。  (SS)








 銅版画製作記(1) 2011年2月16日


準備編
昨年3月にもこの「大人の休日レイアウト」で銅版画の事を少しご紹介しましたが 今回は銅版画の製作方法をご紹介致します。

銅版画の画材は東京では神田神保町の文房堂(三省堂の裏)が良く揃う店として有名です、 また新宿の世界堂も一通り揃います。
使用する銅板は画材店でもカットした物を売っていますがサイズに制約され高価な為、 私は1mm厚の定尺360mm×1,200mmを銅板屋さんから直接購入しています。
銅板屋さんでの価格は重さと地金の相場で計算しているので、銅相場に非常に敏感です。
しかし値上がりを予想して大人買いをしないでください、 錆びさせてしまうと後処理がえらく手間取ります。(経験談・涙)



銅板のカットには30年以上前に鉄道模型用として購入した遠藤機械の簡易切断機を利用しております。
版画の教本を見ますと「けさぎ」で何回も傷つけカットするそうですが、 これは500年前のルネサンスの頃の手法。ん〜、格段の進歩です。 (SS)











<前のページ

次のページ>