関連リンク
 トップページ
 目次ページ
 模型:K27
 模型:K28
 模型:ロングカブース


最近の記事
 扇形庫(5)
 扇形庫(4)
 扇形庫(3)
 扇形庫(2)
 扇形庫(1)
 見せるレイアウト(9)
 見せるレイアウト(8)
 見せるレイアウト(7)
 見せるレイアウト(6)
 見せるレイアウト(5)
 ターンテーブルは手動発電で
 ポイントを作る(2)
 ポイントを作る(1)
 レイアウトルームの整理
 ストラクチャーを作る
 水彩を描く(2)
 水彩を描く(1)
 天空ホテル建設(2)
 天空ホテル建設(1)
 ウレタンフォーム(2)
 ウレタンフォーム(1)
 断崖絶壁の岩場(4)
 車について
 鏡を設置する(3)
 スケールカードの事(2)
 断崖絶壁の岩場(3)
 スケールカードの事
 断崖絶壁の岩場(2)
 カブース三態
 ポイント更新(2)
 見せるレイアウト(5)
 ウエザリング(7)
 ウエザリング(6)
 Arttistaが届きました(2)
 Arttistaが届きました(1)
 ポイント更新(1)
 木造ターンテーブルを作る(12)
 木造ターンテーブルを作る(11)
 木造ターンテーブルを作る(10)
 木造ターンテーブルを作る(9)
 木造ターンテーブルを作る(8)
 木造ターンテーブルを作る(7)
 木造ターンテーブルを作る(6)
 木造ターンテーブルを作る(5)
 木造ターンテーブルを作る(4)
 木造ターンテーブルを作る(3)
 木造ターンテーブルを作る(2)
 木造ターンテーブルを作る(1)
 コンターマシン
 33‰に挑む
 ストラクチャー(5)
 ストラクチャー(4)
 ストラクチャー(3)
 ストラクチャー(2)
 ストラクチャー(1)
 JAMセクション(6)
 JAMセクション(5)
 JAMセクション(4)
 JAMセクション(3)
 JAMセクション(2)
 JAMセクション(1)
 100均フィギュア
 レストラン(1)
 ウェイトを作る
 トンネル切開
 C-21二態
 断崖絶壁の岩場
 レイアウトルームの片付け
 Gem Modelsってどこの模型屋さん?
 庫の窓枠(2)
 庫の窓枠(1)
 見せるレイアウト(4)
 見せるレイアウト(3)
 見せるレイアウト(2)
 見せるレイアウト(1)
 NJレイアウトで「ゆうづる」を走らせる。(2)
 NJレイアウトで「ゆうづる」を走らせる。(1)
 JAMブースに出展(6)
 JAMブースに出展(5)
 JAMブースに出展(4)
 JAMブースに出展(3)
 JAMブースに出展(2)
 JAMブースに出展(1)
 崖のつなぎ目(2)
 崖のつなぎ目(1)
 古い日本製ブラスロコを比べる(4)
 古い日本製ブラスロコを比べる(3)
 古い日本製ブラスロコを比べる(2)
 古い日本製ブラスロコを比べる(1)
 ウエザリング(5)
 ウエザリング(4)
 ウエザリング(3)
 ウエザリング(2)
 ウエザリング(1)
 橋脚部分の崖(4)
 橋脚部分の崖(3)
 橋脚部分の崖(2)
 橋脚部分の崖(1)
 35年越しの小田急9000(2)
 35年越しの小田急9000(1)
 秋実る
 フィギュア(2)
 フィギュア(1)
 テンホイラー(2)
 テンホイラー(1)
 ターンテーブル周り(4)
 ターンテーブル周り(3)
 ターンテーブル周り(2)
 ターンテーブル周り(1)
 岩を貼る(5)
 岩を貼る(4)
 岩を貼る(3)
 岩を貼る(2)
 岩を貼る(1)
 プラスターを溶く(3)
 プラスターを溶く(2)
 プラスターを溶く(1)
 崖を作る(3)
 崖を作る(2)
 崖を作る(1)
 K28の比較3態(2)
 K28の比較3態(1)
 9mmナローのセクションで砥の粉の地面を試す(3)
 9mmナローのセクションで砥の粉の地面を試す(2)
 9mmナローのセクションで砥の粉の地面を試す(1)
 メーカーズプレート(2)
 メーカーズプレート(1)
 庫を直す(4)
 庫を直す(3)
 庫を直す(2)
 庫を直す(1)
 K-27 2態(2)
 鏡を設置する(2)
 K-27 2態(1)
 4-4-0 2態(2)
 4-4-0 2態(1)
 側線移設(2)
 側線移設(1)
 作業台
 電動ノミで削る
 古い電関をいじる(3)
 古い電関をいじる(2)
 古い電関をいじる(1)
 隧道(6)
 隧道(5)
 隧道(4)
 隧道(3)
 隧道(2)
 隧道(1)
 バラスト(3)
 バラスト(2)
 バラスト(1)
 ゴーヤ実る
 鏡を設置する
 鏡を貼る
 絵を描く(2)
 絵を描く(1)
 道床作り(6)
 道床作り(5)
 道床作り(4)
 コダマのK-27を走らせる(3)
 コダマのK-27を走らせる(2)
 コダマのK-27を走らせる(1)
 D&RGW5564
 クロスを作る(2)
 クロスを作る(1)
 K-28 2態
 扇形庫(4)
 扇形庫(3)
 番外編 計画停電
 扇形庫(2)
 扇形庫(1)
 銅版画製作記(5)
 銅版画製作記(4)
 銅版画製作記(3)
 銅版画製作記(2)
 銅版画製作記(1)
 年越し運転(2)
 年越し運転(1)
 新春・番外編(熊に注意!!)
 デンバー物語(14)
 タンク車購入
 ストラクチャー製作2(駅舎)
 デンバー物語(13)
 ストラクチャー製作1(駅舎)
 ターンテーブル製作(6)
 デンバー物語(12)
 ターンテーブル製作(5)
 ターンテーブル製作(4)
 ターンテーブル製作(3)
 ターンテーブル製作(2)
 ターンテーブル製作
 デンバー物語(11)
 トラス橋製作(3)
 トラス橋製作(2)
 トラス橋製作
 デンバー物語(10)
 デンバー物語(9)
 デンバー物語(8)
 デンバー物語(7)
 地形素材
 デンバー物語(6)
 デンバー物語(5)
 デンバー物語(4)
 デンバー物語(3)
 デンバー物語(2)
 デンバー物語
 銅版画のこと
 車両紹介(4) C19 その2
 ラウンドハウスについて
 ポイントの改造
 ポイントの黒染め
 線路の黒染め
 新春・番外カメラ編
 新春・番外くるま編
 枕木について(3)
 枕木について(2)
 枕木について(1)
 道床作り(3)
 道床作り(2)
 道床作り(1)
 車両紹介(3) C&S
 車両紹介(2) C21
 車両紹介(1) C19
 レイアウト台枠番外編
 道床のカット
 レイアウトフレームについて
 構想、プラン、構造など
 50代からのレイアウト計画


過去の記事
  2017年10月(2)
  2017年9月(3)
  2017年8月(2)
  2017年5月(3)
  2017年4月(1)
  2017年3月(2)
  2017年1月(1)
  2016年11月(1)
  2016年10月(4)
  2016年9月(3)
  2016年8月(1)
  2016年7月(3)
  2016年6月(3)
  2016年5月(2)
  2016年4月(2)
  2016年3月(2)
  2016年1月(1)
  2015年12月(2)
  2015年11月(1)
  2015年10月(1)
  2015年9月(4)
  2015年8月(2)
  2015年7月(2)
  2015年5月(1)
  2015年3月(1)
  2014年11月(2)
  2014年10月(2)
  2014年9月(1)
  2014年8月(5)
  2014年7月(3)
  2014年6月(4)
  2014年5月(2)
  2014年2月(3)
  2014年1月(1)
  2013年12月(1)
  2013年11月(3)
  2013年8月(4)
  2013年7月(2)
  2013年6月(1)
  2013年5月(2)
  2013年4月(2)
  2013年3月(2)
  2013年2月(4)
  2013年1月(4)
  2012年12月(1)
  2012年11月(4)
  2012年10月(4)
  2012年9月(2)
  2012年8月(5)
  2012年7月(3)
  2012年6月(3)
  2012年5月(4)
  2012年4月(1)
  2012年3月(4)
  2012年2月(5)
  2012年1月(2)
  2011年12月(1)
  2011年11月(5)
  2011年10月(4)
  2011年9月(4)
  2011年8月(5)
  2011年7月(4)
  2011年6月(5)
  2011年5月(3)
  2011年4月(4)
  2011年3月(4)
  2011年2月(2)
  2011年1月(3)
  2010年12月(2)
  2010年11月(4)
  2010年10月(4)
  2010年9月(5)
  2010年8月(2)
  2010年7月(2)
  2010年6月(2)
  2010年5月(3)
  2010年4月(3)
  2010年3月(2)
  2010年2月(2)
  2010年1月(4)
  2009年12月(4)
  2009年11月(5)
  2009年10月(3)
  2009年9月(2)


 見せるレイアウト(3) 2014年1月26日


早いもので年も明けて1ヶ月、今年初めての「大人の休日レイアウト On3レイアウト製作記」です、 私事ではありますが、暮れは忘年会に明け暮れ、年が明ければ新年会・・・ これからまだ二つも新年会がありますので気持ち的にはいまだ正月気分です。
そんな一ヶ月何をしていたかと申しますと、 たまたま部品が入手できて動く様になったバイクを赤く塗り始めたら止まらなくなり、 先週漸く完成の日の目をみました、缶スプレー恐るべしです。


さて、本題の話に戻りますが、昨年から進めていた照明設備の設置は下記の様な備品が揃いました。
イワサキノLEDランプ、5Wで共に白色、左が広角ビームの開きは30°右が中角17°です、 これだけレンズが違うのですね。


つぎはウシオのハロゲン球です、共に65Wで左が狭角10°、右が中角20°です。
LEDと合わせると角度が全て違いますからテストには持ってこいです。


その4灯の為のソケットアームです。こちらも長さ2種類を用意しました。(S.S.)







 見せるレイアウト(2) 2013年12月29日


年末、年始で何かと慌ただしい時期になりましたが、 私のレイアウト製作は相変わらずスローなペースで進行しております。
先週末、縁あって鉄道模型仲間で建築家のK氏より照明のあて方や種類に関するノウハウを伝授して頂きました。


素晴らしい照明で定評のある巨匠M氏のレイアウトは、 制作開始から35年たった事もありハロゲン電球を多用しておりますが、 今からそのレベルで揃えるとなると大変高価で、 球が切れやすくさらに発熱するなどのデメリットが多いとお聞きしています。
これからの設置ならばやはりLEDでしょう、 そのLEDも日進月歩で価格は本より性能も格段に進歩している様です。
元来LEDは青白い光を放つイメージが強かったのですが最近の製品は色温度の選択幅はかなり広がっている様です。
まず、K氏に天井の照明レールと光源位置、種類をレイアウトの図面上にのせて頂きました、 色温度の低い照明は赤く表現し遠景に、色温度の高い光源は近景に黄色で表現しています。(SS)







 見せるレイアウト(1) 2013年11月29日


裏面の崖を作りながら感じる事があります、それは巨匠M氏のレイアウトをお訪ねした時、とても奥行き、立体感、暖かみを感じるからです。
この差って何?  私のレイアウトが塗装もしていないプラスターの生地色で未完成だからかな?
M氏曰く、照明を替えなさいよ!!の一言。
なるほどと早速、蛍光灯を一本取り外してみました。


下の場所はスポットは点いていますが蛍光灯の光で照らされた場所です。


蛍光灯を消してみます、スポットライト2灯だけですどうでしょうか?
でき上がった右すみの岩は凹凸もくっきりとして生き生きとしてきました。(S.S.)







 NJレイアウトで「ゆうづる」を走らせる。(2) 2013年11月24日


前回ご紹介したコテ先がメッキ出来るペーストを使ってみました。
確かにコテ先が奇麗になりハンダののりが良くなりました、この手のコテならメーカーは問わず使えると思います。


外れた状況を室内から覗いてみます、 側面の梁をプレスで折り曲げ形成したタイプのボディーがハンダ付け不足で外れ易い様です。


運転会前日までに上記の修理を終わらせました、 牽引機のC62は間に合いませんでしたがご覧の様にEF機に牽引されレイアウト上を快調に走り回りました。(S.S.)







 NJレイアウトで「ゆうづる」を走らせる。(1) 2013年11月17日


On3レイアウト製作記は8月28日の「JAMブースに出展(6)」以来更新がプッツリ途切れてしまいました。
ご覧頂いていらっしゃった皆様には大変申し訳ない限りです。
「あ、そんなのあったっけ?」程度に思われていれば気は楽になりますが・・
私は別段冬眠していた訳でもなく、ましてやOn3レイアウトの製作を断念した訳でもありませんが、 この様なブログは一度手を休めてしまうとなかなか復活出来ないものですね。

今回は今月行ったNJレイアウトネタでお茶を濁させて頂きます。
年に2回、NJレイアウト(HOゲージ)の運転会を行っておりますが次は何の新作(?)を走らせようか?と思案したあげく、 準備したのが下の写真の車両群です。
20系ブルトレの13両、そう、もちろん蒸気特急の「ゆうづる」編成です、牽引機に準備したのはカツミのC62、 客車もカツミで揃えました。


カプラーは連結面の伸縮性が良いカツミのACEカプラーです、N氏から余剰パーツを大量に頂いたのでそれを利用しました。
カツミの20系は製造年により構造が大きく異なり、その為写真の様に褄面のハンダが外れてしまう物がしばしばあります。 (梁と側板を一体プレスにしている物は褄板のハンダ付け不足になり易い様です)


その修理だけの為だけにボディーの塗装を剥がす訳にもいきません、 そこで普段から愛用しているHAKKOのPRESCOと言うハンダごてでハンダ付けしようと思います、 このコテは普段は20Wですがボタンを押すと瞬間的に130Wになる優れ物です。
さらにコテ先の熱伝導が良い状態になるペーストを見付けたので最高のコンディションでハンダ付けできそうです。 (ペーストはある鉄道模型同人の会で手に入れました) (S.S.)










<前のページ

次のページ>