関連リンク
 トップページ
 目次ページ
 模型:K27
 模型:K28
 模型:ロングカブース


最近の記事
 レイアウト近況
 扇形庫(6)
 扇形庫(5)
 扇形庫(4)
 扇形庫(3)
 扇形庫(2)
 扇形庫(1)
 見せるレイアウト(9)
 見せるレイアウト(8)
 見せるレイアウト(7)
 見せるレイアウト(6)
 見せるレイアウト(5)
 ターンテーブルは手動発電で
 ポイントを作る(2)
 ポイントを作る(1)
 レイアウトルームの整理
 ストラクチャーを作る
 水彩を描く(2)
 水彩を描く(1)
 天空ホテル建設(2)
 天空ホテル建設(1)
 ウレタンフォーム(2)
 ウレタンフォーム(1)
 断崖絶壁の岩場(4)
 車について
 鏡を設置する(3)
 スケールカードの事(2)
 断崖絶壁の岩場(3)
 スケールカードの事
 断崖絶壁の岩場(2)
 カブース三態
 ポイント更新(2)
 見せるレイアウト(5)
 ウエザリング(7)
 ウエザリング(6)
 Arttistaが届きました(2)
 Arttistaが届きました(1)
 ポイント更新(1)
 木造ターンテーブルを作る(12)
 木造ターンテーブルを作る(11)
 木造ターンテーブルを作る(10)
 木造ターンテーブルを作る(9)
 木造ターンテーブルを作る(8)
 木造ターンテーブルを作る(7)
 木造ターンテーブルを作る(6)
 木造ターンテーブルを作る(5)
 木造ターンテーブルを作る(4)
 木造ターンテーブルを作る(3)
 木造ターンテーブルを作る(2)
 木造ターンテーブルを作る(1)
 コンターマシン
 33‰に挑む
 ストラクチャー(5)
 ストラクチャー(4)
 ストラクチャー(3)
 ストラクチャー(2)
 ストラクチャー(1)
 JAMセクション(6)
 JAMセクション(5)
 JAMセクション(4)
 JAMセクション(3)
 JAMセクション(2)
 JAMセクション(1)
 100均フィギュア
 レストラン(1)
 ウェイトを作る
 トンネル切開
 C-21二態
 断崖絶壁の岩場
 レイアウトルームの片付け
 Gem Modelsってどこの模型屋さん?
 庫の窓枠(2)
 庫の窓枠(1)
 見せるレイアウト(4)
 見せるレイアウト(3)
 見せるレイアウト(2)
 見せるレイアウト(1)
 NJレイアウトで「ゆうづる」を走らせる。(2)
 NJレイアウトで「ゆうづる」を走らせる。(1)
 JAMブースに出展(6)
 JAMブースに出展(5)
 JAMブースに出展(4)
 JAMブースに出展(3)
 JAMブースに出展(2)
 JAMブースに出展(1)
 崖のつなぎ目(2)
 崖のつなぎ目(1)
 古い日本製ブラスロコを比べる(4)
 古い日本製ブラスロコを比べる(3)
 古い日本製ブラスロコを比べる(2)
 古い日本製ブラスロコを比べる(1)
 ウエザリング(5)
 ウエザリング(4)
 ウエザリング(3)
 ウエザリング(2)
 ウエザリング(1)
 橋脚部分の崖(4)
 橋脚部分の崖(3)
 橋脚部分の崖(2)
 橋脚部分の崖(1)
 35年越しの小田急9000(2)
 35年越しの小田急9000(1)
 秋実る
 フィギュア(2)
 フィギュア(1)
 テンホイラー(2)
 テンホイラー(1)
 ターンテーブル周り(4)
 ターンテーブル周り(3)
 ターンテーブル周り(2)
 ターンテーブル周り(1)
 岩を貼る(5)
 岩を貼る(4)
 岩を貼る(3)
 岩を貼る(2)
 岩を貼る(1)
 プラスターを溶く(3)
 プラスターを溶く(2)
 プラスターを溶く(1)
 崖を作る(3)
 崖を作る(2)
 崖を作る(1)
 K28の比較3態(2)
 K28の比較3態(1)
 9mmナローのセクションで砥の粉の地面を試す(3)
 9mmナローのセクションで砥の粉の地面を試す(2)
 9mmナローのセクションで砥の粉の地面を試す(1)
 メーカーズプレート(2)
 メーカーズプレート(1)
 庫を直す(4)
 庫を直す(3)
 庫を直す(2)
 庫を直す(1)
 K-27 2態(2)
 鏡を設置する(2)
 K-27 2態(1)
 4-4-0 2態(2)
 4-4-0 2態(1)
 側線移設(2)
 側線移設(1)
 作業台
 電動ノミで削る
 古い電関をいじる(3)
 古い電関をいじる(2)
 古い電関をいじる(1)
 隧道(6)
 隧道(5)
 隧道(4)
 隧道(3)
 隧道(2)
 隧道(1)
 バラスト(3)
 バラスト(2)
 バラスト(1)
 ゴーヤ実る
 鏡を設置する
 鏡を貼る
 絵を描く(2)
 絵を描く(1)
 道床作り(6)
 道床作り(5)
 道床作り(4)
 コダマのK-27を走らせる(3)
 コダマのK-27を走らせる(2)
 コダマのK-27を走らせる(1)
 D&RGW5564
 クロスを作る(2)
 クロスを作る(1)
 K-28 2態
 扇形庫(4)
 扇形庫(3)
 番外編 計画停電
 扇形庫(2)
 扇形庫(1)
 銅版画製作記(5)
 銅版画製作記(4)
 銅版画製作記(3)
 銅版画製作記(2)
 銅版画製作記(1)
 年越し運転(2)
 年越し運転(1)
 新春・番外編(熊に注意!!)
 デンバー物語(14)
 タンク車購入
 ストラクチャー製作2(駅舎)
 デンバー物語(13)
 ストラクチャー製作1(駅舎)
 ターンテーブル製作(6)
 デンバー物語(12)
 ターンテーブル製作(5)
 ターンテーブル製作(4)
 ターンテーブル製作(3)
 ターンテーブル製作(2)
 ターンテーブル製作
 デンバー物語(11)
 トラス橋製作(3)
 トラス橋製作(2)
 トラス橋製作
 デンバー物語(10)
 デンバー物語(9)
 デンバー物語(8)
 デンバー物語(7)
 地形素材
 デンバー物語(6)
 デンバー物語(5)
 デンバー物語(4)
 デンバー物語(3)
 デンバー物語(2)
 デンバー物語
 銅版画のこと
 車両紹介(4) C19 その2
 ラウンドハウスについて
 ポイントの改造
 ポイントの黒染め
 線路の黒染め
 新春・番外カメラ編
 新春・番外くるま編
 枕木について(3)
 枕木について(2)
 枕木について(1)
 道床作り(3)
 道床作り(2)
 道床作り(1)
 車両紹介(3) C&S
 車両紹介(2) C21
 車両紹介(1) C19
 レイアウト台枠番外編
 道床のカット
 レイアウトフレームについて
 構想、プラン、構造など
 50代からのレイアウト計画


過去の記事
  2017年11月(1)
  2017年10月(3)
  2017年9月(3)
  2017年8月(2)
  2017年5月(3)
  2017年4月(1)
  2017年3月(2)
  2017年1月(1)
  2016年11月(1)
  2016年10月(4)
  2016年9月(3)
  2016年8月(1)
  2016年7月(3)
  2016年6月(3)
  2016年5月(2)
  2016年4月(2)
  2016年3月(2)
  2016年1月(1)
  2015年12月(2)
  2015年11月(1)
  2015年10月(1)
  2015年9月(4)
  2015年8月(2)
  2015年7月(2)
  2015年5月(1)
  2015年3月(1)
  2014年11月(2)
  2014年10月(2)
  2014年9月(1)
  2014年8月(5)
  2014年7月(3)
  2014年6月(4)
  2014年5月(2)
  2014年2月(3)
  2014年1月(1)
  2013年12月(1)
  2013年11月(3)
  2013年8月(4)
  2013年7月(2)
  2013年6月(1)
  2013年5月(2)
  2013年4月(2)
  2013年3月(2)
  2013年2月(4)
  2013年1月(4)
  2012年12月(1)
  2012年11月(4)
  2012年10月(4)
  2012年9月(2)
  2012年8月(5)
  2012年7月(3)
  2012年6月(3)
  2012年5月(4)
  2012年4月(1)
  2012年3月(4)
  2012年2月(5)
  2012年1月(2)
  2011年12月(1)
  2011年11月(5)
  2011年10月(4)
  2011年9月(4)
  2011年8月(5)
  2011年7月(4)
  2011年6月(5)
  2011年5月(3)
  2011年4月(4)
  2011年3月(4)
  2011年2月(2)
  2011年1月(3)
  2010年12月(2)
  2010年11月(4)
  2010年10月(4)
  2010年9月(5)
  2010年8月(2)
  2010年7月(2)
  2010年6月(2)
  2010年5月(3)
  2010年4月(3)
  2010年3月(2)
  2010年2月(2)
  2010年1月(4)
  2009年12月(4)
  2009年11月(5)
  2009年10月(3)
  2009年9月(2)


 C-21二態 2014年6月8日


先週末日、夕方からクラス会のために品川へ向かいました。
この日は国立競技場のお別れイベントが開かれているのを電車の中で思い出しました、 確か夕方にブルーインパルスが競技場上空を飛ぶはず、都内でこんな光景を見られる事は滅多にありません。
早速スマホで時間と予定コース、飛行パターンなどを探したところ、 ちょっとクラス会には遅刻するけどブルーインパルスを見る事は可能、 と判断し南行の京浜東北線から秋葉原で総武線に乗換え新宿方面へ向かいました。
飯田橋駅付近で先頭の車窓から外堀通りの方向の空を見ていると新宿の高層ビル脇になにやら一本の行機雲を発見。 もう飛んでるんだ。
時間は17時30分頃から30分間位と余裕を持ったスケジュールでしたから何時飛んでもおかしく無い時間です。
どこで見るかは決めておりませんでしたが、次の市ヶ谷で下りれば空も開けているはずと予想。 案の定市ヶ谷駅の釣堀脇の橋の上には観衆が群がっています、私も市ヶ谷駅で降りホームで待つこと数分、 音もなく頭上に6機の編隊が飛んできました。
デジカメの液晶を見ながら"64年の東京オリンピックの時の青空が重なりました。


話は変りますがC-21のお話です。 以前より熊田貿易(略号KMT) が製作した BALBOAのC-21を所有しておりましたが(写真上段)この製品からは、 ひ弱でバランスが悪くひ弱な機関車だと感じておりましたが、 最近あるネットで(写真下段)やはり同じBALBOAのC-21が出ていたので購入してみました。
同じ番号買ってどうするの?と言われそうですが見た瞬間、全ったく別もんジャン?と思った次第です。
手元に届くや、この印象はどこが違うのが、 どこが作り直されているか?分析してみると逆に元の部分を探した方が早いくらいの改造に気づきました。
因みに元を使っている部分は動輪、フレーム、ボイラー、キャブの一部、煙突だけでしょうか。


模型の製作には図面だけでなくバランスが重要と言う例だと思います。


仕上げでも屋根のキャンパスに紙を貼るのは効果的です、 古典機のキャブは木製ですから当然屋根も板貼りのはずですから・・・(S.S.)







 断崖絶壁の岩場 2014年6月1日


3月から5月に掛けて目白押しだった用事がやっと片付きました。
少し時間に余裕が出来たので久しぶりにレイアウト製作に打ち込む事にしました。
さて、レイアウトルームに入るとまず目に飛び込むのは、床から天井までほぼ直角にそびえる崖です。
このレイアウトで一番の見せ場なだけに、未だ手を付けにくい場所になっています。


サイドから見るとペンシル状の柱にしか見えない絶壁です(元来ここは家の柱ですが・・・) そして通路となる渓谷はそれほど広くはありません。
その単調な壁面に少しでもアクセントを付けようと途中には逆ぞりハングを付けててるのがおわかりでしょうか。


今回は単調な場面を無くそうと考えたのが高さ90cmの位置にあるフレームの拡幅工事です。
これにより下部から天井までのオーバーハングがやや和らぐのではないかとの期待です。
材料は基本フレームで使用した物と同じ輸入材です、こんな感じで裾部分をふかす事にしました。(S.S.)







 レイアウトルームの片付け 2014年5月11日


ゴールデンウイークもアッという間に終わってしまいましたが、皆さん如何お過ごしだったでしょうか?
私はひたすら部屋の片付けに明け暮れていました。
「見せるレイアウト」のタイトルでは照明器具を変えるという企画をぶち上げておりましたが、 いざレイアウトルームを見回すとボードの上も下も物置と化していました、 これでは照明器具の取付け作業どころではありません。
特に幅を利かしている大物は昨年のJAMで展示した岩場のセクションでした、 これはレイアウトに組み込む充てもなく作ったので解体する事にしました。


まずハリボテの裏のダンボールをカッターで切開してみました、結構しっかり梁と網がくっついています。


プラスターだけになりました、まるで座椅子の様です。


「なんだかもったいないな・・・・」解体するうちにこんな気持ちも出てきました、 このままレイアウトの隅っこに保管しておきましょうか? (S.S.)







 Gem Modelsってどこの模型屋さん? 2014年5月4日


ここしばらくレイアウトの製作は滞っていますが相変わらず車両だけは増殖中です。
最近あるオークションでこんなロコを購入してしまいました。
Gem Modelsと言う日本メーカーのブラスロコです。(どんなメーカーだったのか調べましたが全くわかりませんでした)
鉄道名はNew Berlin & Winfield Railroad、 場所はペンシルベニア州のフィラデルフィアにあった様で 鉄道名の通りニューバーリンからウィンフィールドに至る3フィートゲージの鉄道です。
D&RGW物ではないの?と仰るかと思いますが、まあ良いじゃないですか・・・ ダックスを 彷彿させる、このプロポーションに惚れてしまったのですから(笑)




作りは僅かなロストワックスパーツと貧相な挽きものの組み立てで特筆すべき箇所は見当たりませんが、 パッケージの中にはこんな製品鑑定書?が入っていました。
国内製品には見られない代物です、輸出製品はここまでチェックしていたんですね。(S.S.)








 庫の窓枠(2) 2014年2月16日


この窓枠は2012年の 「ターンテーブル周り(4)」 で紹介した扇形庫に付くGRANDT LINEの製品 と同じタイプです。
現物を見るのは初めてで、さらに外部からだけでなく屋内からも見られるなんて、 それにショパンのピアノ生演奏を聴きながら鑑賞できるのですからダブルの幸運です。


演奏が始まりました、最初はショパンのバラード第1番 作品23 ト短調、 続いてノクターン 作品62-1 ロ長調、 最後はスケルツォ 作品31 変ロ長調で終わりました。
壁の造りと窓枠の構造を見ながら60分がアッという間に終ってしまいました、ブラボー! ! アンコールの拍手が鳴り止みません。


帰ってから撮影した写真と製品を見比べてみました、 サイズは違うでしょうが現物は繊細な細い枠が気になりました、 プラ製品よりエッチングの方が適している様です。(S.S.)










<前のページ

次のページ>