関連リンク
 トップページ
 目次ページ
 模型:K27
 模型:K28
 模型:ロングカブース


最近の記事
 崖作業(4)
 崖作業(3)
 崖作業(2)
 崖作業(1)
 ストラクチュア
 K−27の部品を作る
 ハンダゴテ
 ある列車
 レイアウト近況
 扇形庫(6)
 扇形庫(5)
 扇形庫(4)
 扇形庫(3)
 扇形庫(2)
 扇形庫(1)
 見せるレイアウト(9)
 見せるレイアウト(8)
 見せるレイアウト(7)
 見せるレイアウト(6)
 見せるレイアウト(5)
 ターンテーブルは手動発電で
 ポイントを作る(2)
 ポイントを作る(1)
 レイアウトルームの整理
 ストラクチャーを作る
 水彩を描く(2)
 水彩を描く(1)
 天空ホテル建設(2)
 天空ホテル建設(1)
 ウレタンフォーム(2)
 ウレタンフォーム(1)
 断崖絶壁の岩場(4)
 車について
 鏡を設置する(3)
 スケールカードの事(2)
 断崖絶壁の岩場(3)
 スケールカードの事
 断崖絶壁の岩場(2)
 カブース三態
 ポイント更新(2)
 見せるレイアウト(5)
 ウエザリング(7)
 ウエザリング(6)
 Arttistaが届きました(2)
 Arttistaが届きました(1)
 ポイント更新(1)
 木造ターンテーブルを作る(12)
 木造ターンテーブルを作る(11)
 木造ターンテーブルを作る(10)
 木造ターンテーブルを作る(9)
 木造ターンテーブルを作る(8)
 木造ターンテーブルを作る(7)
 木造ターンテーブルを作る(6)
 木造ターンテーブルを作る(5)
 木造ターンテーブルを作る(4)
 木造ターンテーブルを作る(3)
 木造ターンテーブルを作る(2)
 木造ターンテーブルを作る(1)
 コンターマシン
 33‰に挑む
 ストラクチャー(5)
 ストラクチャー(4)
 ストラクチャー(3)
 ストラクチャー(2)
 ストラクチャー(1)
 JAMセクション(6)
 JAMセクション(5)
 JAMセクション(4)
 JAMセクション(3)
 JAMセクション(2)
 JAMセクション(1)
 100均フィギュア
 レストラン(1)
 ウェイトを作る
 トンネル切開
 C-21二態
 断崖絶壁の岩場
 レイアウトルームの片付け
 Gem Modelsってどこの模型屋さん?
 庫の窓枠(2)
 庫の窓枠(1)
 見せるレイアウト(4)
 見せるレイアウト(3)
 見せるレイアウト(2)
 見せるレイアウト(1)
 NJレイアウトで「ゆうづる」を走らせる。(2)
 NJレイアウトで「ゆうづる」を走らせる。(1)
 JAMブースに出展(6)
 JAMブースに出展(5)
 JAMブースに出展(4)
 JAMブースに出展(3)
 JAMブースに出展(2)
 JAMブースに出展(1)
 崖のつなぎ目(2)
 崖のつなぎ目(1)
 古い日本製ブラスロコを比べる(4)
 古い日本製ブラスロコを比べる(3)
 古い日本製ブラスロコを比べる(2)
 古い日本製ブラスロコを比べる(1)
 ウエザリング(5)
 ウエザリング(4)
 ウエザリング(3)
 ウエザリング(2)
 ウエザリング(1)
 橋脚部分の崖(4)
 橋脚部分の崖(3)
 橋脚部分の崖(2)
 橋脚部分の崖(1)
 35年越しの小田急9000(2)
 35年越しの小田急9000(1)
 秋実る
 フィギュア(2)
 フィギュア(1)
 テンホイラー(2)
 テンホイラー(1)
 ターンテーブル周り(4)
 ターンテーブル周り(3)
 ターンテーブル周り(2)
 ターンテーブル周り(1)
 岩を貼る(5)
 岩を貼る(4)
 岩を貼る(3)
 岩を貼る(2)
 岩を貼る(1)
 プラスターを溶く(3)
 プラスターを溶く(2)
 プラスターを溶く(1)
 崖を作る(3)
 崖を作る(2)
 崖を作る(1)
 K28の比較3態(2)
 K28の比較3態(1)
 9mmナローのセクションで砥の粉の地面を試す(3)
 9mmナローのセクションで砥の粉の地面を試す(2)
 9mmナローのセクションで砥の粉の地面を試す(1)
 メーカーズプレート(2)
 メーカーズプレート(1)
 庫を直す(4)
 庫を直す(3)
 庫を直す(2)
 庫を直す(1)
 K-27 2態(2)
 鏡を設置する(2)
 K-27 2態(1)
 4-4-0 2態(2)
 4-4-0 2態(1)
 側線移設(2)
 側線移設(1)
 作業台
 電動ノミで削る
 古い電関をいじる(3)
 古い電関をいじる(2)
 古い電関をいじる(1)
 隧道(6)
 隧道(5)
 隧道(4)
 隧道(3)
 隧道(2)
 隧道(1)
 バラスト(3)
 バラスト(2)
 バラスト(1)
 ゴーヤ実る
 鏡を設置する
 鏡を貼る
 絵を描く(2)
 絵を描く(1)
 道床作り(6)
 道床作り(5)
 道床作り(4)
 コダマのK-27を走らせる(3)
 コダマのK-27を走らせる(2)
 コダマのK-27を走らせる(1)
 D&RGW5564
 クロスを作る(2)
 クロスを作る(1)
 K-28 2態
 扇形庫(4)
 扇形庫(3)
 番外編 計画停電
 扇形庫(2)
 扇形庫(1)
 銅版画製作記(5)
 銅版画製作記(4)
 銅版画製作記(3)
 銅版画製作記(2)
 銅版画製作記(1)
 年越し運転(2)
 年越し運転(1)
 新春・番外編(熊に注意!!)
 デンバー物語(14)
 タンク車購入
 ストラクチャー製作2(駅舎)
 デンバー物語(13)
 ストラクチャー製作1(駅舎)
 ターンテーブル製作(6)
 デンバー物語(12)
 ターンテーブル製作(5)
 ターンテーブル製作(4)
 ターンテーブル製作(3)
 ターンテーブル製作(2)
 ターンテーブル製作
 デンバー物語(11)
 トラス橋製作(3)
 トラス橋製作(2)
 トラス橋製作
 デンバー物語(10)
 デンバー物語(9)
 デンバー物語(8)
 デンバー物語(7)
 地形素材
 デンバー物語(6)
 デンバー物語(5)
 デンバー物語(4)
 デンバー物語(3)
 デンバー物語(2)
 デンバー物語
 銅版画のこと
 車両紹介(4) C19 その2
 ラウンドハウスについて
 ポイントの改造
 ポイントの黒染め
 線路の黒染め
 新春・番外カメラ編
 新春・番外くるま編
 枕木について(3)
 枕木について(2)
 枕木について(1)
 道床作り(3)
 道床作り(2)
 道床作り(1)
 車両紹介(3) C&S
 車両紹介(2) C21
 車両紹介(1) C19
 レイアウト台枠番外編
 道床のカット
 レイアウトフレームについて
 構想、プラン、構造など
 50代からのレイアウト計画


過去の記事
  2018年7月(1)
  2018年6月(2)
  2018年5月(2)
  2018年4月(1)
  2018年2月(1)
  2017年12月(1)
  2017年11月(1)
  2017年10月(3)
  2017年9月(3)
  2017年8月(2)
  2017年5月(3)
  2017年4月(1)
  2017年3月(2)
  2017年1月(1)
  2016年11月(1)
  2016年10月(4)
  2016年9月(3)
  2016年8月(1)
  2016年7月(3)
  2016年6月(3)
  2016年5月(2)
  2016年4月(2)
  2016年3月(2)
  2016年1月(1)
  2015年12月(2)
  2015年11月(1)
  2015年10月(1)
  2015年9月(4)
  2015年8月(2)
  2015年7月(2)
  2015年5月(1)
  2015年3月(1)
  2014年11月(2)
  2014年10月(2)
  2014年9月(1)
  2014年8月(5)
  2014年7月(3)
  2014年6月(4)
  2014年5月(2)
  2014年2月(3)
  2014年1月(1)
  2013年12月(1)
  2013年11月(3)
  2013年8月(4)
  2013年7月(2)
  2013年6月(1)
  2013年5月(2)
  2013年4月(2)
  2013年3月(2)
  2013年2月(4)
  2013年1月(4)
  2012年12月(1)
  2012年11月(4)
  2012年10月(4)
  2012年9月(2)
  2012年8月(5)
  2012年7月(3)
  2012年6月(3)
  2012年5月(4)
  2012年4月(1)
  2012年3月(4)
  2012年2月(5)
  2012年1月(2)
  2011年12月(1)
  2011年11月(5)
  2011年10月(4)
  2011年9月(4)
  2011年8月(5)
  2011年7月(4)
  2011年6月(5)
  2011年5月(3)
  2011年4月(4)
  2011年3月(4)
  2011年2月(2)
  2011年1月(3)
  2010年12月(2)
  2010年11月(4)
  2010年10月(4)
  2010年9月(5)
  2010年8月(2)
  2010年7月(2)
  2010年6月(2)
  2010年5月(3)
  2010年4月(3)
  2010年3月(2)
  2010年2月(2)
  2010年1月(4)
  2009年12月(4)
  2009年11月(5)
  2009年10月(3)
  2009年9月(2)


 崖作業(4) 2018年7月8日



キャスター付きの崖を既存の崖の部分と一体化します。
もったいない気もしますがこのまま稼働式のままボロボロ剥がれるよりはましでしょう。



いつもの様にメッシュを貼りつけます、この滑り止め用メッシュは 東急ハンズで欠品状態でしたが今は店頭に並んでいると聞いてます。



床(川底)からの立ち上がりもメッシュで覆います。



ついでにキッチンの上も崖にしてしまいましょう、水廻りなので防 水も考えないと、ラッカー系の塗装にすればいいかな?



おや? ガレージの中が騒がしいぞ ! ! 車好き3人が何やら黄色い車を 囲んで話してる「なんでこんなところに有るんだ?」 (S.S.)










 崖作業(3) 2018年6月10日



プラスターを貼り終えました、ぽっかり空いていた空間が埋まり イメージが掴める様になりました、アー、また垂直の壁に挑戦です。



車輌を走らせているとキャブに人がいない事が気になります。 (4歳の孫の指摘です、よく見てますね・・・)
そこで 崖作業(1) でT型フォードの運転手を募集した際に沢山いた機関士、機関助手 (右ポーズ、左ポーズのフィギュア)を適当に乗せてみました。
カマは全てK28です、No.473号機は座席の背もたれが厚いので姿勢が前のめりです、 座席の背もたれを削りますか?



No.476号機です、これも座席の加工が必要です、少し小柄なフィギュアですが スケール的には問題ないでしょう。



No.478号機です、この一人は麦わら帽を被って遠くを仰視してます。



以前からの課題が 断崖絶壁の岩場(3) で紹介したキャスター付きの崖の造作です、 開くと小物入れになる画期的な? 構造で軽量化のためウレタンフォームで作りましたが 他の岩との一体感に欠けます、この構造はやめて固定する事にしました。(S.S.)










 崖作業(2) 2018年6月3日



滑り止めシートが貼り終わりました、ここまでの作業は出来るだけ凹凸をつけるよう心がけることです。



いつものように滑り止めシートの上からギプスを貼りつけます、 はがれ落ちないよう押さの板をあてがいながら進めていきます。



ギプスを貼り終えました、ここで気になるのが橋脚下の通路です、 さらに幅が狭くなり通り抜けが厳しくなってきました。
そこで写真のようにコントローラー下の角材一本分を右に移設しました、 新しい色の角材がそれです。



古い角材を切り落とします、これで通路幅は100mmほど稼げます。



ギプスを張り終えた崖の裏側です、思ったより広い空間が取れましたが 表にプラスターで覆われると中は真っ暗になりそうです、 早めに照明設備を付けなければいけませんね。



ところで光栄堂という会社から立体模型用に発売されている1/50のフィギュアを買ってみました。 携帯をいじっている少年など今風の物もありますし、どことなく和のティストを感じます。



1/48の人たちと並べて記念写真を一枚、パチリ!!(S.S.)










 崖作業(1) 2018年5月13日



作業は一度途切れてしまうと億劫になるものです、 さてと、ゴールデンウイークの長期休暇に一踏ん張りしてみますか ! !
今回はレイアウト下のスペース活用が見い出せないまま崖の造作を断行します。
成るようになるさ・・・考えていても始まらないのでトンネル手前の崖下から始めてみました。



足元は出来るだけ広く取りたいので床からオーバーハングをつけましょう、 骨となる角材をネジで固定していきます。



いつもの様にダンボールの帯材をホットボンドで組んでいきます、 以前沢山帯材をカットしておいたので作業は捗ります。



東急ハンズで滑り止め用シートとして売られていたネットをホットボンドで固定します、 伸縮性がありこれが一番使いやすいですね。



作業に疲れたので気分転換でもしますか?

運転手の乗っていないT型フォードが一台あるのでドライバーをフィギュアの中から選抜します、 座った姿勢は沢山あるもののどれも機関士ばかりです。
あ、いい人材が一人いました・・・



いまにも線路を渡ろうとしています、「おっと、汽車が来たぞ ! ! ! 」
早くここに踏切をつけてあげないといけませんね。(S.S.)










 ストラクチュア 2018年5月6日



先月海外オークションで落札したストラクチュアが届きました。
購入した理由はよくあるキット組立ではなく手作り感満載の品物だからです、 なんと二件まとめて出品してました。
早速届いた包みを開封してみます、作りが頑丈なせいかどこも破損しておりません。



入札時から気付いてた事ですが二件の窓配置はシンメトリーです、プレハブ的な店舗ならこれでもOKですね。
窓わくはグラント・ライン製でしょうか? その辺りも気になるところです。



裏から見るとこんな構造、なんと簡素なこと、これでも良いんですね・・・!!  最近のストラクチュアー作品はこり過ぎる傾向にある気がします。(ジオラマではないので)
窓のないドアは壁にそのまま貼り付けてます、この辺りも考え方の違いですかね (合理的?) 窓越しに覗いても違和感がない様にカーテンで半分閉ざし、室内の壁は茶で染めています。
ほんのり室内灯を付ければ良いでしょう。



もう一つのメリットは軒先に並んだジャンク品です(お店の売り物かも?)  これだけ揃えるにも大変な苦労がいります。



屋根の作りも見たかったところ、へー、こんな作り何だ!! ペーパータオルの様なものを貼り、シワを持たせラフに貼ってます、 塗装が乾く前に何かで破いた感じです。 なるほど・・・



おい、トム、急に雑貨屋が二件建ったぞ、 有難いな、これで買い出しに一山越えずにすむぞ・・・(S,S.)

















<前のページ

次のページ>